外国人留学生ビザや家族滞在ビザでのアルバイト(資格外活動許可)

最近は、飲食店やコンビニなどで働いている外国人をよく見かけるようになりましたよね。留学生のアルバイトが多いようです。

しかし、入管法では、留学ビザでの就労、アルバイトはできません。目的が違うからです。

そして、無断でアルバイトなどしてしまうと不法就労となってしまい雇用主も逮捕されてしまう場合がありますので注意が必要です。

では、留学生アルバイトが,飲食店やコンビニで働くにはどうしたらいいのでしょうか。

資格外活動許可を取得すれば、週28時間までは働くことができます。夏休みなどの長期休暇時期は、例外として週40時間まで働くことができます。

そして、資格外活動許可を得ずに働く不法就労はもちろんですが、週28時間を超えて働くのはやめましょう。次回の留学ビザの更新ができなくなりますし、就職する場合の就労ビザへの変更申請が不許可となるので絶対にやめておきましょう。

ここまで留学生の場合でお話ししましたが、家族滞在ビザの方もアルバイトをする場合同様に資格外活動許可が必要です。(家族滞在ビザの場合は週28時間が絶対で、例外規定はありません)

日本人の配偶者等や永住者、永住者の配偶者、定住者の方は、就労制限がそもそもありません。日本人と同様のに働くことができます。

 

在留資格やアルバイトのための資格外活動許可取得は、入国管理局申請取次の資格を持った行政書士が法的にサポートいたします。(通常の行政書士の資格のみでは法的に申請取次のサポートはできませんのでご注意ください。)
当事務所は、入国管理局申請取次 行政書士が在留資格やアルバイトのための資格外活動許可取得のサポートをいたします。
困ったら、お気軽にご連絡ください。

 

【業務対応地域】

東京都内全域対応|港区、新宿区、渋谷区、千代田区、品川区、文京区、世田谷区、豊島区、荒川区、中野区、杉並区、練馬区、江東区、足立区、葛飾区、墨田区、中央区、目黒区、北区、大田区、江戸川区、板橋区、台東区、三鷹市、武蔵野市、立川市、日野市、調布市、多摩市など全て対応している行政書士事務所です。

神奈川県、埼玉県、千葉県などの他府県も対応しますので、ご相談待ちしています。

問い合わせ|外国人、留学生のアルバイト(資格外活動許可)は、申請取次行政書士にお任せください。