永住許可(永住権取得)

永住権とは

就労制限や在留期間などの制限がなくなり日本での社会的信用なども得られるため非常にメリットがあります。その分通常の就労ビザなどと比べて審査が慎重に行われるため時間がとてもかかります。

永住権は、帰化申請とは違い外国籍のままで日本に住むことができる点が大きく違います。

そして、国籍はそのままで、日本に住むことができ職業制限がなくなります。
失業や離婚など在留資格の更新ができなくなる事由が生じた場合でも在留資格が失われません。
永住者の配偶者等(配偶者や子供)の審査要件も緩和されるため有利となります。

しかし、帰化申請とは違い日本国籍を取得するわけではないため、帰化には認められる選挙権や被選挙権、日本のパスポート取得はできません。 ⇒ 帰化申請はこちら

引き続き10年以上日本に在留していることが原則で、更にこのうちの就労資格や居住資格で5年以上在留していることが必要となります。



永住ビザは、申請取次行政書士

永住権取得は通常の在留資格よりも厳しく書類も多く、書類作成も煩雑で難しいものです。

永住権を取得される場合には、専門家である【入国管理局申請取次行政書士】に相談されることをお勧めいたします。

 

行政書士南青山アーム法務事務所は「許可を保障」します。


当事務所のサービス


外国人ビザ専門の「行政書士南青山アーム法務事務所」に対し、お客様が求める結果は「ビザの取得」です。

いくら親切でも、作業が早くても、料金が安くても、「ビザの取得」という結果にならなければ意味がありません。行政書士南青山アーム法務事務所では「ビザの取得」というお客様の満足のために、専門知識を駆使し結果をだすことにこだわっています。

ビザ申請は入国管理局が最終的に決済するものであり、100%許可が出るという判断は、どこの事務所でもできないものですが、当事務所では深い専門知識と過去の経験からほとんどのケースで許可になるかどうかを事前に判断が可能なレベルにあります。


【許可保障制度】


・私どもの事務所では、ご依頼いただき申請したにもかかわらず、万が一不許可になった場合は無料にて
“再申請”、状況により“再々申請”まで行います。ですが、最終的な結果が不許可の場合は、着手金は全額お返しいたします。これは、自信があるからこそ提供できる制度です。

サービス報酬額について
「行政書士南青山アーム法務事務所」ではすべての入管業務に「料金規定」を設定しており、申し込み段階の「着手金」と、許可になった場合の「成功報酬」という形で2分の1ずつお支払いいただいております。
また、当事務所では3つのサポートプランをご用意しており、サポート内容と費用がそれぞれ異なったプランで、お客様のニーズに合わせた選択ができるようにしております。料金表以外に追加料金が発生することは一切ありません。



【永住許可申請】


サービス・報酬額一覧

標準プラン


お客様は役所で書類を集めて当事務所に送るだけ。書類作成から申請代行、結果通知の受け取りまで代行します。




ビザ申請サービス(標準プラン) 報酬額
永住許可申請 会社員 98,000円+消費税
永住許可申請 社長・役員 118,000円+消費税
同居の家族1名追加 +39,800円
不許可からのリカバリー (再申請) +25,000円



【ビザ申請書類一式作成サービス】
1、 永住申請手続きに関する総合的な相談
2、 個人に合わせた必要書類のリストアップ
3、 永住ビザ申請書類一式作成
4、 申請理由書の作成
5、 各種契約書のチェック・作成
6、入国管理局への申請代行
7、入管審査官からの質問状・状況説明要求・追加提出資料への対応代行
8、 結果通知の受け取り
9、 許可保障制度対象

【業務対応地域】

東京都内、神奈川県、埼玉県、千葉県など対応しています、ご相談待ちしています。

永住申請問い合わせフォーム