お酒の販売業免許申請代行|通信販売か一般小売か

 

新年あけましておめでとうございます。

昨年はありがとうございました

今年もどうぞよろしくお願いします。

皆さん年末はピザの配達を頼まれた方いらっしゃいますか?今日はピザ屋さんとお酒の販売免許のお

先日、酒類販売業免許申請代行業のブラッシュアップのための研修に行ってきました。
内容的には、ほぼ知っている内容でしたが酒類販売業免許を専門にしている先生がまだまだ少ないこともあるため他の先生と意見交換できた良い時間となりました。
今回の講義の中に宅配ピザ屋さんのお話があり結構身近な話で面白かったので ちょっとだけ

ピザ屋さんの中にはお酒も販売している店舗がありますよね
もちろん取り扱いの無い店舗もあるようですが デリバリーするということは通信販売酒類小売業免許?
実は一般酒類小売業免許でいいのです。

カタログやネットを見て注文するから通信販売の免許が必要と思うかもしれませんが、 宅配ピザ屋さんの場合は、店舗ごとに配達エリアが決まっています。

なので

1つの都道府県内で配達をします

2都道府県以上に対してお酒を販売することを前提としている通信販売の免許は必要ない

「一般酒類小売業免許」を取得すればピザと一緒に注文を受けてお酒も宅配できることになるのです。
もちろん最近はピザ屋さんだけでなくいろんな宅配が増えましたよね、よく自転車で配達しているのを見かけますがステーキハウスや高級レストラン等も、1つの配達エリアにとどめておけば一般酒類小売業免許申請でお酒のデリバリーができるということです。

 

【業務対応地域】

東京都内全域対応|港区、新宿区、渋谷区、千代田区、品川区、文京区、世田谷区、豊島区、荒川区、中野区、杉並区、練馬区、江東区、足立区、葛飾区、墨田区、中央区、目黒区、北区、大田区、江戸川区、板橋区、台東区、三鷹市、武蔵野市、立川市、日野市、調布市、多摩市など全て対応している行政書士事務所です。

神奈川県、埼玉県、千葉県などの他府県も対応しますので、ご相談待ちしています。

酒類販売業免許申請|東京都のお酒の販売免許はアーム法務事務所にお任せください。問い合わせメールフォームはこちらから|行政書士 南青山アーム法務事務所
2019年01月01日