通信販売酒類小売業免許|お酒のインターネット販売免許申請代行

通信販売酒類小売業免許は

2都道府県以上の広範なちいきの消費者等を対象として、商品の内容、販売価格その他の条件をインターネット、カタログの送付などにより提示し、郵便や電話その他の通信手段により売買契約の申込を受けて提示した条件に従って行う販売のことを言います。

通信販売酒類小売業免許では、酒類の店頭小売や一の都道府県の消費者のみを対象とした小売りを行うことができません。

店頭小売や一の都道府県の消費者のみを対象とした小売りを行う場合は、一般酒類小売業免許を取得する必要があります。

酒類販売業免許を受けずに販売業を行った場合、酒税法上1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されることとされています。

※カタログ等の送付とは、カタログの郵送等による配布又は備え置きのほか、チラシ等の新聞折り込み又は郵送による配布若しくは備え置き、雑誌又は新聞への広告掲載及びテレビ放送の利用等を言います。

※通信手段とは、郵便等、電話機、ファクシミリ装置その他の通信機器若しくは情報処理の用に供する機器を利用する方法、電報又は預金若しくは貯金の口座に対する払い込みを言います。

通信販売酒類小売業免許の要件

通k新販売酒類小売業免許を受けるには、申請者、申請者の法定代理人、申請法人の役員、申請販売場の支配人及び申請販売場が以下の要件を満たしていることが必要です。

酒税法10条1号から8号関係の要件(人的要件)

酒税法10条9号関係の要件(場所的要件)

酒税法10条10号関係の要件(経営基礎要件)

お酒の販売免許(酒類販売業免許、一般酒類小売業免許、通信販売酒類小売業免許、酒類卸売業免許)は行政書士アーム法務事務所にお任せください

 

まずは初回無料相談を

平日はもちろん・土日祝日もご希望の場所にお伺いします。

わからないことはまずはご連絡ください。

 

【業務対応地域】

 

東京都内全域対応|港区、新宿区、渋谷区、千代田区、品川区、文京区、世田谷区、豊島区、荒川区、中野区、杉並区、練馬区、江東区、足立区、葛飾区、墨田区、中央区、目黒区、北区、大田区、江戸川区、板橋区、台東区、三鷹市、武蔵野市、立川市、日野市、調布市、多摩市など全て対応している行政書士事務所です。

神奈川県、埼玉県、千葉県などの他府県も対応しますので、ご相談待ちしています。

 

東京都の通信販売によるお酒の販売業免許(通信販売酒類小売業免許)は東京都港区の行政書士事務所 南青山アーム法務事務所にお任せください。

電話でのお問い合わせはこちら
TEL : 03‐6804‐5755
(平日 8:30~21:30) ※土日祝日もご連絡お待ちしています。
※お急ぎの場合は時間外のご相談も大丈夫です。
※電話に出れない場合もありますので、メッセージをお願いいたします。折り返しいたします。